西武ライオンズ秋山翔吾選手のキメ顔(2018年1月13日放送ジョブチューン)


やっぱ手元にTVチューナーないと暇っすね。

ということで、ファイルを整理していたら動画が出てきました。

今年正月に放送されたジョブチューンでの秋山選手による、全方向からのカメラに向かってのキメ顔(去年に引き続き)。

あまりの可愛さに思わずピックアップしてみました。

誰か去年のジョブチューン持ってませんか〜?
比較したいw

秋山選手ファンの方も今年のジョブチューンを見逃した方も、どうぞご査収ください。
(22.3MB)

 

Boot Campを再インストールする【完!?】


前回のお話:Boot Campを再インストール中【未完】

さて、今日のお話

・朝起きてTimeMachineのバックアップをインストール完了を確認して、再度Boot Campをインストール…。しかーし、昨日と同じ状態となる(BootCampアシスタントが途中で止まるという怪奇現象)

・仕方ないので、再度クリーンインストールする。

・何を手違いしたのか、HDD3TBあるのに、BootCampでパーテーションを切った1TBが行方不明になり2TBしか認識しないという事態が発生

・焦っても仕方ないので、opution+command+R という最終手段に手を出す←いや、最初にやっておくべき作業じゃないのよ!!
(option+command+Rとは、インターネットを通じてMacの復元を試みるキーコンビネーション、option+Rのキーコンビネーションは内蔵のMacOS復元システムから起動する。覚えておくと超便利)
・・・それじゃ最初からやれば?という話は置いといて()

・なんとか行方不明の1TBが見つかり、3TB復活(必死でやり方を失念してしまった。くっそ、ブログのネタになったのに・・・。)

・そしてFusion!もうdiskutilコマンド覚えたよママン…。

・結局元の木阿弥で、昨日のループにハマったらいけないと、TimeMachineでの復元を諦める。

・ついでなので、Mojaveにしてやろうと思い、OSのバージョンを一気にバージョンアップ

・Mac登録の際の2段階認証で何故かIPod Touchが大活躍(AppleアカウントのメールなどがiPod Touchに届くのです。iPod Touchを見直したぜ!

・MacOSのクリーンインストールを試み、その後Boot Campアシスタントを使ってWindowOSインストールに成功
ただし、最後のBoot Campシステムにエラーが出たのですが、どうせWondowsの起動には関係ないし、Pallalel Desktop使うからもう見て見ぬふり…。

・Pallaler Desktopインストールでなんとか仮想空間でBoot Campを使えるまで作業が進む

・メールが吹っ飛んだので最初からThunderbirdを再設定しなおし、ただし20近くのメールアカウントを登録&フィルターをかけるとか無理。とりあえずLIFELINEになるメールだけは復活しておいた。(ライブラリからThunderbird設定の元のファイル見つからない)

・TimeMachineから直接データをコピーしている←今ココ

そして、1TB 以上におよぶデータをコピーしなければいけないので、このまま放置して明日を迎えようと思います。

もうあるみさんのHPは0よ!明日大丈夫かいな。

ひとまず完了。(まだ完了してないけど)

ということで。

おやすみなさい。

Boot Campを再インストール中【未完】


参考その1:【MacOS 10.11 El Capitan】Boot CampでWindowsがインストール出来ない!!!【Windows10】その1

参考その2:【MacOS 10.11 El Capitan】Boot CampでWindowsがインストール出来ない!!!【Windows10】その2

さて、何を思ったのか?今年頭にあった痛い目にまたあいたいのか!?あるみさん、ドMなのか?

・・・と自分で思っていても再インストールせざるを得なかった理由があります。

使っているParallels DesktopからWindowsが認識しなくなったんです。

ただし、MacでのBoot CampでのWindowsはちゃんと立ち上がりますが、どうやらWindows側のパーテション切っていたハードディスクにエラーが出てた模様。
これじゃ使い物にならない!と思って再インストールに踏み切りました。

そして、もう一つ致命的な問題
実は、使っているWindowsOSはWindows10Proだったのですが、わたしが今手元にあるのはAmazonで買ったプロダクトキーはWindows10Home。

Windows10Proについては、前使っていたDELLでWindows7Professionalのプロダクトキーで対応してました。しかしDELLを手放したときに一緒にプロダクトキーもなくなったのです。
(DELL本体に付いていた・・・)

そういう事情があるので、とりあえずBoot Campを再インストール。

同じ轍は踏まない!と思っていたのですが、案の定です。

Boot Campだけ削除しようとしたのですが、あまりにもMac自体の処理が遅すぎて、おまけに途中で止まるし(涙)

Appleサポートに連絡して対応したのですが、結局クリーンインストール&SSDとHDDをフュージョンするために煩わしいターミナルでコマンド打つという作業も。

バックアップはTimeMachineで取っているので大丈夫なのですが…。

ただ、TimeMachineのデータをMacに取り込もうとすると7時間ぐらいかかります。

どんだけHDD酷使してんだわたし…。

まあ、PCの年末の大掃除と思えばポジティブなのですが。

まずは土台を作ってあとはTimeMachineでデータ移行を夜中に。

とりあえず、今日の作業はここまで。
また明日。

続きはこちら:Boot Campを再インストールする【完!?】