【WordPress】Facebookと連動したら全文出てきてしまう件【原因はPlugin?】※未解決


 

ここ1年ほどですが、WordpressとFacebookを連動しようとしたら、Facebookに記事が全文載ってしまうという事態になっております。

見づらい!(直球)

いろいろとあの手この手をやってみたのですが、原因がつかめず…。
調べていくとSEOのPlugin関連か!?とも思ったのですが、設定しても改善されず。

仕方がないので

現状は

・JetpackでのTwitterとFacebookの連動を止める

・WP to Twitte導入

WP to Twitter
https://ja.wordpress.org/plugins/wp-to-twitter/

・TwitterをFacebookと連動させる(Twitterのサイトで設定)

・Twitter経由でFacebookを更新

手間がかかる!!!

とはいえ、仕方ないですよね。
原因わかってないんですから…。。。

本当はWP-FB-AutoConnectとかSocial Networks Auto-Poster使いたいんですが

Facebook App IDを取るのに、Facebookに携帯電話番号かクレジットカードを登録しないといけないんですよ…。
そ、そんな危険を冒してまでは…ということです。

Google+は、まあ…ほぼあまり気にしていませんがアカウントがあるので連動させてはいますけどね(汗)

なんとかしたいので、原因を突き詰めたいものです。

【WordPress】Jetpackは多機能すぎてどうなの!?WordPress連動で嬉しい機能がたくさん【Plugin】


 

何かと便利なWordpressのPluginでお馴染みのJetpack

前にも一度取り上げていました
【WordPress Plugin】jetpackでFacebook、Twitter、Google+を連携する

Jetpack
https://ja.wordpress.org/plugins/jetpack/

入れるだけで30項目以上の便利ツールが使えるというものです
検索するといろいろと出てきますが、多機能ツールだけあってWordpressの動作が遅くなっているという記事も出るほどです。

しかし、このPluginが便利すぎます

有料版でデータバックアップ機能もあるようですが、無料版でもお釣りが出るぐらいだと思います。

有名なPluginなので、どういうものかは割愛しますが、現在このサイトで使ってる機能は

・Gravatar ホバーカード(右横の自己紹介スペースにあるウィジェット部分)
・FacebookやTwitterなどとの共有(記事をアップロードしたときに連動してSNSに通知)
・サイト独自の「いいね」ボタン

ぐらいは目に見えてる機能かな

個人的に一番だと思うのは、Wordpressサイト統計情報ですね。
このサイトのようなアバウトな個人ブログだったら、実は一番使い勝手がいいんではないかと思います。
NewStatPressとか使ってましたが、読み込みに時間はかかったり、よく見ないと分かりづらかったりするので、ぱっと見てアクセス具合が見えるのは本当に助かりますし、検索ワードなどもある程度拾ってくれるのでとても便利。

JetpackとGoogle Analytics Dashboard for WPでサイト統計はいいんじゃないかと思うぐらいです。
あ、あくまでもこういうアバウトな個人ブログサイトの場合ですけどね。

個人ブログとして一番うれしいのは、Wordpressと連動することで、スマホやタブレットなどでWordpressアプリを介してサイトを更新出来たりすることですね。

タブレットだとサクサクと更新出来るのでとても楽に更新出来るのが嬉しいですね。

多機能すぎですが、入れておくと何かと便利なPluginです。

【日記】自分のツイートを見ると改めて辛いです…/Tweet Digestの使用感【雑記】


WordPressのPluginの「Tweet Digest」を入れてみて、いかに自分のツイートをまとめるのが恥ずかしいかということを、改めて知りました(汗)

何事も経験ですねw

たまたま時期が時期だったということもありますが
(セ・パ交流戦、福岡ソフトバンクホークスVS広島東洋カープ開催時期と重なる)
何気ないツイートがこんなんなってるとは…とw

けっこうアレてましたねw

さて、Tweet DigestというPluginがいったいどういうものかというのは、いろいろと試行錯誤してみてなんとなく使用感みたいなのはわかりました

セ・パ交流戦も終わりましたし、自分のツイートも落ち着くと思いますので、しばらくは続行してみようと思います

技術的なことについては、また別のお話として。