StationTV (PIX-DT195)設定奮闘記!


 

ピクセラのStatioTVを買いました

ようやくテレビのある生活に戻れます
テレビっ子の私にとって、やっぱりテレビはなくてはならないものでございます

アプリ

ダウンロードして起動

チューナーに接続します

いざ!接続!

チューナーに接続中です

あ、あれ?

チューナー接続失敗

なんと!!!
接続に失敗だとぉ!?

初期設定以前に接続の失敗ってなんだよ!?

システムレポート

システムレポート上は、ちゃんと認識してるのにおかしい…
もしかしたら、OSのバージョンが10.11.5だからだろうか

サポートに電話しても原因わからず

「インストール後ちゃんと再起動しましたか?」
「何度かアプリケーションをインストールしなおしましたか?」
「インストールする前にアプリケーションをゴミ箱に捨てた時には、ちゃんとゴミ箱の中は捨てられましたか?」
「USBポートは入れ替えてみましたか?」

…ってか、それやってダメだったから電話しただってば…

結局、初期不良の可能性がある…ということになりまして
Amazonにお願いして、新品交換をしてもらうことにしました

しかーし!!!

状況は同じ

iMac自体が不良?いやいや、そんなことはないと思いますが…

もしかしたら、別のアプリケーションと相性が悪いのかもしれない
と思って、USBを専有してしまいそうなタブレットとかのアプリケーションをアンインストールしてから試すもダメ

B-CASカードがダメ?
いやいや、新品だし…

ああ、いろんな考えが頭を巡り巡ります

どうしたらいいもんですかねぇ…

あ…

そうそう、アンインストールの作業が足りませんでした

そうなんです
アンインストールするには、いろいろとファイルを削除しないといけません
忘れてました…

というわけで、以下がアンインストールのセットリスト

アンインストール

全部やってみました

とりあえずチューナーは認識して受信出来るようになりました!!

しかし…

配信を設定しようとするとクラッシュします…

しばらくはMacのみでの受信となります

…ああ、とりあえず映ってよかったああああああああ( ;∀;)

Audio Hijack Proの使い道見つけちゃった。


KeyHoleTVをどうにか録音してみたいなー、なんて思ってました。
偶然やったら成功してしまった。

環境:MacOS10.6.4(Snow Leopard)

必要なもの。
MacKeyHoleTV

Audio Hijack Pro
http://www.rogueamoeba.com/audiohijackpro/

Audio Hijack Proはシェアウエアです。15日間のお試しで使えるということです。
32ドルで買えます。
もっか円高なので、買うなら今がお得ですね♡

やり方
1.MacKeyHoleTVを立ち上げる。
2.Audio Hijack Proを立ち上げる。
 ここで立ち上がった段階でMacKeyHoleTVが読み込まれていたら、あとはRecordボタンをポチる。
MacKeyHoleTVが読み込まれていなかったら
3.Quick Recordを選択して、InputをApplicationにして、SelectでMacKeyHoleTVを選択する。

まあ、こんな感じ。
ワタシは今日で試用期間終了なのです。

実は、でインストールしていたのですが、録音しないのでほったらかしにしておりました。
まあ、こういうこともあります。

そんなわけで、この円高のおり、外国のシェアウェアはとっても安くなっていて、今がとってもお買い時。
特にMacOSのシェアウェアソフトは外国のものばかり。

今がお買い得ですわよ。奥様♪(´ε` )


iMac買ったどー!!!


ポチってしまいました。

iMacのクワッドコアをとうとう購入。
ようやくMacintoshのない生活から離れられます。

はじめてのintelMacです。
どんどんモニターの大きさが大きくなっていきます。

今使ってるWindows機用のが23インチ。
iMacが27インチ。

ちなみに部屋にある液晶地デジ用テレビが32インチです。

そういえば、intelじゃないと使えなかったMac用地デジチューナーがあったなぁ。
分配機もそのために買ってあったのだけど、出番がなかった。

3~4日で届くらしい。
やっぱりMacintoshのない生活って辛かった・・・。

ワタシどこまでマカーやねん(´・ω・`)