タグ: <span>熊本市</span>


wp-1461495573511.jpeg

未だに何が起こったのかさっぱりわかりません

わかることは、自分の牙城であるPCとPC関連のものがすべて崩れたこと、タンスは倒れ、部屋は瓦礫と化したこと、断水したこと、ガスが止まったこと…

wp-1460759817477.jpeg

そして、それでも私は生きているということ

私はケガもなく、ライフラインは1週間で復旧したりして、とてもラッキーでした

仕事場に行く途中に、何カ所ものひび割れ、段差が生じ、それを乗り越えるための徐行運転で一時期はすさまじい渋滞を引き起こしていました
今は段差にアスファルトを盛り、なんとか道も通常通り…とはいかないものの、通れています

wp-1461495460692.jpeg

wp-1461495253496.jpeg

こんな中でも、つつじはきれいな花を咲かせていました

wp-1461495317160.jpeg

今は日々の生活で精一杯です

*****

この震災で、多くの人の助けを借りました

前震の翌日、関東に住んでいる親戚が、すぐに物資を送ってくれました
配達不能だったので、今日荷物が到着したのですが、本当にありがたかったです

断水していたときに、近所の方が井戸水を提供してくれました
マンション群の隣にある一軒家のお宅は、24時間体制で井戸水を誰でも提供出来るようにと、常に蛇口を開けていてくれました。
この井戸水が生活用水として大活躍してくれました

実家から水を運んできてくれた同じマンションの住人の方

顔を出しただけで喜んでくれた、なじみのコンビニエンスストアの店員さん
その笑顔が見れただけで嬉しかった

本当にありがたかったです
お礼を言い尽くせないぐらい、本当にありがとうございます…この言葉しか出てきません

まだまだ、これから生活していく上で不自由なことはたくさんあると思います。

でも、それでも生きていきます

たくさんのやさしさがあるこの街で

日々つれづれ・日記 雑記


まずは、生きてます

熊本市で震度6強の地震がありました。
私が住んでいるところも震度6強ありました。

揺れたときは、もう何が何だかわかりませんでした
気がつけば、動線を確保するために、玄関のドアを開けていました

そして、部屋を見ると

wp-1460759839945.jpeg

私が寝ていたところは倒れてきたタンス、そして飛び出てきた引き出しで埋もれていました
運がよかったのかもしれません

また、別の部屋を見たらさらに家具が倒れていて、もう訳がわかりません。

2回目の本震で、被害は拡大する一方です

今、私は在宅避難をしています
避難所に行くことも考えましたが、避難所は相当の方々がいらっしゃるそうで、かなりごった返しているようです

避難所にいないので、今必要なものは何かはわかりませんが、おそらく、食料だけじゃなく、いろんなものが不足しているはずです
衣類もそうですし
そして、前回の東日本大震災でいわれていた、携帯電話、スマホの充電所
情報を仕入れるためには通信機器はかかせないと思います

たぶん数え切れないほどの不足なものがあるはずです

私の友人に、1回目の震源地である、熊本県の益城町に住んでいる人がいて、今は避難生活をおくっている模様です

一方、我が家といえば、食料と飲料水は確保しています(数日分ですが)
ほしいのは情報です
自分の身の回りの情報が不足しています

そして、なによりも精神的な疲弊です
これは被災した誰もが感じていると思います
余震に対する恐怖、そしてなんといっても2回目の本震で地震を受けて、さらなる恐怖心が身体を蝕んでいきます

我が家の猫がストレスで食事をとらなくて3日経ちました
猫も疲弊しているようです

自分で出来ることは精一杯やっていくつもりです。

今、雨が降り出しました
これからどんどん天候は悪くなります

正直不安で仕方がありません

でも、出来る限り生きていきます

みなさんお願いです

私たち被災者を応援してください
それが私たちの生きる希望になります

どうか、よろしくお願いいたします

日々つれづれ・日記