【ドラマ】ルーズヴェルト・ゲーム第9話(最終話)感想【今更ながら】その2


そして、都市対抗野球大会敗者復活戦決勝 名前を呼ぶ3秒前おまえらと野球が出来てよかった
選手一人一人の名前を呼び
「おまえらは…最高の野球人だ。お前らと一緒に野球ができて…嬉しかった…ありがとう」

もう、これズルすぎる。
感動しないわけがないじゃないか!!

株主優待
細川社長に「株主優待」と促されてスタンドに現れた城戸社長。
「招待」した意図とは?

野球場01
プレイボール!!

「たとえこの試合、青島野球部はイツワ電器に勝ったとしても都市対抗大会本戦出場を出場を辞退しなければならない。正真正銘、最後の試合の火蓋が切って落とされた」

あかん、このナレーションで再び涙腺崩壊…(号泣)

◆おまけ◆
(自サーバーにMP4アップロードしてから再生出来るかどうかの実験含む)

【追記:2014.7.2】
昨日まで表示出来ていたんですが、今日時点で表示できなくなっていました。
ファイル名を変えると表示されたので、もしかしたら…

日本生命VSルーズヴェルト・ゲームコラボCM

東芝×ルーズヴェルト・ゲームコラボCM

 

…まだここの時点で16分30秒(CM含む)

      

【ドラマ】ルーズヴェルト・ゲーム第9話(最終話)感想【今更ながら】その1


冒頭で白水銀行の支店長が

「こっちに赴任して3年になるが、はじめてです。いい会社だと思えたのは」

…すでに涙腺ヤバい状態になってきました。(まだ放送開始1分40秒です)

イメージセンサー締め切り
敗者復活戦決勝日
東洋カメラの公開コンペ日と都市対抗野球大会東京都代表敗者復活決勝戦日が同じ日。

か、カレンダーは自社のものじゃないんですね…。(そこじゃない

決起集会社長あいさつ
敗者復活決勝戦前の決起会、サプライズで社長が登場
明日の試合勝ってくれ
明日の試合勝ってくれ。

…社長の気持ちは部員に通じました。
部員の決意も社長に通じました。

このあたりで、もうすで涙腺崩壊状態になりました。

会長とキャッチボール
決起会が盛り上がる中、落ち着かない沖原はグラウンドに行くと、そこに青島会長の姿があった。
「だったら、ちょっと付き合え」
と言われ、キャッチボールを始める。
オレまだ諦めてないです
「俺、まだ諦めてないです。もし明日の試合勝ったら、またみんなと野球が続けられるんじゃないかって、そう思えるんです」

この瞬間、もうタオル1枚消費。
まだ10分経ってないのに…(涙)

      

【ドラマ】ルーズヴェルト・ゲーム第9話(最終話)感想(とりあえず)


もう、なんというか。

第8話からの最終回のこのクオリティ!!

全部、全部よかった!

そして、こんな見応えのある野球ドラマって初めて見ました!!!!!
(これは企業×野球のドラマだってばw)

うーん、もう最初から涙無くしては見られませんでした。

社会人野球チームは企業あってのモノです。
それを知ってる人のココロを鷲掴みしたのは間違いありません。

まあ、細かいところはいろいろ突っ込みどころはあるかもしれませんが…

最終話でようやく一つになった青島製作所役員

「はじめてですよ、いい会社だと思えたのは」
…白水銀行の支店長の言葉でここらで涙腺がユルユルになってきました。

イツワ戦に向けての練習も、イツワ戦前日の決起大会での社長の言葉も、そして野球部の全員で社長を囲んでの社歌を歌うとか…

もうね、もうね…

録画4回見ました。
だけど、どこがどう…というシーンが全部なんですね。

どこをどう切り取っていいかも、全部切り取りたい。
全部がいいシーンすぎて。

イツワ戦前のロッカールームで監督が全員の名前を言ったところで涙腺崩壊。

それからのドラマでは最上級の野球クオリティで見せられるスピーディーな野球シーン。

それからそれから!!!

…というわけで、小出しに感想書いていけたらと思います。
まだ興奮冷めやらないので、このへんにて。


10月DVD発売やったあああ!!!