【日記】今日のわたし的衝撃的戦利品は『星屑の伝説』【現実逃避ではない(と思う)】


 

プロ野球はオールスターも昨日で終わり、明日から後半戦が始まります
オールスターでのタイガースの原口選手のホームランには、ただただ涙しました

さて

うーん…うーん…

どうしてもカープが勝てるビジョンが浮かばないんですけど…

緒方監督どうするんだろう

さすがに二桁連敗すると、ファンでもんとなく憂鬱にならざるを得なくなるんですよねぇ
この感覚は何年ぶりなんでしょうか
ものすごく久しぶりな感じはしますが、忘れてなかったんですね

ホークスはね、けが人が帰ってくるとか、もう上がり目しかないので大丈夫とは思っております

閑話休題

現実逃避してるわけじゃないんですが、YOUTUBEで何度も六神合体ゴッドマーズを見返してはニヤニヤしております
今日野球なくて暇だったしねー

何度か見てるとわかったのですが、主人公タケル(マーズ)ってドMだよね(特に声)
(マーズ役の水島裕さんごめんなさい)

当時は痛めつけられるタケル(マーズ)見て「負けないで!」って素直に応援してたんですがねぇ

ああ、大人ってなんという歪んだ目で見てしまうんでしょうかね・ω・

会社の休憩室って昼休みのテレビはチャンネルが「ひるおび」になっているんですが、ナレーション聞いて吹き出さないようにしなければならないですな

なんというかね、鋼の錬金術師もヘビーな内容だけど、六神合体ゴッドマーズもけっこうハードな内容だったなあ
とても17歳の少年が背負う十字架とは思えないぐらいの超ハードモード
とどのつまりのところ、こういったヘビーな話が好きなのかもしれません

ということで、現実逃避ではないんですが(しつこい)今日は(わたし的)衝撃的戦利品を手に入れました

六神合体ゴッドマーズOVA十七歳の伝説の主題歌「星屑の伝説」\(^o^)/オワタ

なんでiTuneにあったんだよ!しかも六神合体ゴッドマーズのすべてのLP(おっとぉ?まあ1982年とかだからだからレコードだったんだけどね)まるごとiTuneで配信されているんですけれども!!!2018年に再販されてるとか!罠だ!罠に違いない!!!
とうとう沼に足を突っ込んだかもしれません(いや、突っ込んでるだろ)

TSUTAYA DISCASでも、鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMISTの次は六神合体ゴッドマーズをエントリーしておりますので、まあ鋼の錬金術師を見たあとに見ることにしておりますが、もちろんOVA十七歳の伝説ももちろんエントリーさせていただいております

さて、曲の感想
「星屑の伝説」とか、タイトルマジで昭和だし、曲も昭和テイスト満載なんですけどね
改めて聞くと、これぞアニソン!って感じ
歌ってるのがマーズ役の水島裕さんとマーグ役の三ツ矢雄二さん(ほれ、グレーゾーンでお馴染みの)のデュオ

とにかく歌がうまい!!声キレイ!!

サビのユニゾンとか、マジ鳥肌モンでした
やっぱ声優さんですな
特にこのお二人の声がクリアでキレイだから余計にそう思ったのかも
今日は何度もヘビーローテションさせていただいております(何十回聞いたんだ?)

なんか、掴みそこねていた青春を取り戻しにかかってるかもしれません

それにしてもなんてこったい

これは、当時のように広島東洋カープが日本シリーズに出るぐらいの逆転劇がないと沼から出てこれないかもしれんぞ
なんというデジャブ

まあ、でも沼から引きずり込む人が周りにいないので、マイブームは鎮火すると思いますけどね

しばらく浸かっててもいいかなー
でもこれが現実逃避にならないためにもカープにはがんばってもらわないと(特に田中広輔選手には!!!)

YOUTUBE公式で六神合体ゴッドマーズキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


 

TMSアニメ55周年公式チャンネルで六神合体ゴッドマーズキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
最近アニメに縁があるなあ\(^o^)/

忘れもしない中学2年生のとき、熊本で日テレ系の民放が開設し、そのときに六神合体ゴッドマーズが放送されました

そのときは、すでに六神合体ゴッドマーズは第2部が放送中だったのですが、都会から来た転校生が第1部を全部ビデオで録画していたので、その子の家に集まって最初から見ることができました


うん、( ・∀・)イイ!!

いやあ、ドハマリしました
とにかく面白かった

多分、美少年的な主人公が登場するロボットアニメってあんまり無かった気がします
あと登場する男性も女性も美形が多いなあと思いましたね

とにかく主人公がよく叫ぶw
声優さんきっと声枯らしてたでしょう

あと、サントラがおしゃれというか、なんというか
当時のアニメっぽさのないというかドラマのようなサントラだったと思います

ちなみに、少し当時の話をしますと

その転校生はいろいろわたしたちに持ち込みはじめ、最初はマンガ雑誌「花とゆめ」がクラスを飛び交っていたのですが、だんだん過激になり、今で言うところのBL雑誌が飛び交い始める始末となりまして
そう!!!今で言うところの、クラス総腐女子化www
まるでパンデミック!
中学生ですよ、なんというか血気盛んな思春期の一部をこのような形で送ってしまうとは
中学2年生だったから、中二病???(違

ここまで話すと勘のいい人はわかると思います

そのとき有志の間で、今で言うところのBLな六神合体ゴッドマーズの薄い本が誕生していたのです

しかし、ザンネンなことに、わたしはその流れについていけず挫折(?)
挫折というか、アニメもマンガも面白かったのですが、やっぱりわたしにはプロ野球が最優先
クラスの片隅で週刊ベースボールを読みながら日本シリーズ、広島東洋カープVS阪急ブレーブスに思いを馳せておりました
日本一になったカープがわたしを救った(?)のかどうかわかりません
むしろ傷口をひろげていたのかもしれません(マテ

話は戻りまして
六神合体ゴッドマーズの映画もクラスの有志で見に行ってきました
作画がキレイになっていたのを覚えています

今リメイクがブームですが、六神合体ゴッドマーズがリメイクしたらどうなるかしら?
かなり興味がありますが、やってくれないかなぁ・・・・無理かなぁ・・・
やってほしいなぁ

Amazon Primeで宇宙戦艦ヤマト2199を一気に見る


 

Amazon Primeで動画見放題があると今更知り、宇宙戦艦ヤマト2199を一気に見ました

宇宙戦艦ヤマトといえば、1974年に放送開始したという、わたしとしてはリアルタイムで見たアニメ
それがリメイクされていると知った(遅い)のですが、なかなか見る機会もなく
そうしたら、Amazon Primeで見れると知り、そこで一気に見てしまいました

宇宙戦艦ヤマトは、回の最後のテロップに「地球滅亡まであと○○日」と出て、それが割とトラウマだったわけですが、2199では沖田艦長のナレーションのみ
リアルタイムで見ていたとはいえ、なにせ幼稚園〜小学低学年ぐらいの年齢
そんな詳しく覚えているわけでもないので、2199は割と新鮮に見ることができました

キャラクターについては、幼いころ見たとはいえ、けっこうイメージ付いていた気がするのですが、デスラーってこんなんだったっけ?もうちょっと無骨なイメージだった気がしますが、これも時代の流れでしょうね
あと、女性キャラクターの多さも世代なんでしょう

宇宙戦艦ヤマトの作画といえば、松本零士さんの絵だったんでしょうが、今回はキャラデザインが代わり、かなりキャラクターが優しく描かれている気がしました
松本零士さんの描く女性は、なんともミステリアスな感じのキャラクターだったので、女性が少なく登場した時代はかなり有効だと思いましたが、2199のように女性キャラクターがたくさん出てくるとなったら、「ミステリアスな女性像」というステレオタイプの松本零士キャラクターだと少々見ていたら違和感あったかもしれません
あくまでも個人的主観です
ただ、スターシャは松本零士キャラデザインのほうがよかったかもなあ
(松本零士さんの作品はけっこう好きですよ。最近だと「銀河鉄道物語」がマイブーム)

さて、個人的感想ですが
いやあ、面白かったですよ
主人公以外のキャラクターも丁寧に描かれていたし、SFならではの大いなる矛盾もけっこう少なめだったと思います
(いや、まあツッコミどころはあったかもしれませんが、まあまあでした)
作りが丁寧だったなーと
あと、作画がとてもキレイ
戦闘シーンとか、CGだったからでしょうが、実に見事に仕上がっていたと思います
とにかく現代アニメってこんなんだと感動しました

古代進がやたら森雪の名前を叫んでいるなーと、宇宙戦艦ヤマトってこんなんだったけ?とかは思ったりしましたけどw
これも愛ゆえのことということで

Amazon Primeに入っていてよかったw

今度は宇宙戦艦ヤマト2199星巡る方舟も見ようかと思います

あと動画見放題の中に映画「陰陽師」があったので、多分そっちを先に見ると思います
見たかったんだよねー!陰陽師
Amazon Primeバンザイw

しばらくはAmazon Primeで楽しめそうです