【ドラマ】ルーズヴェルト・ゲーム第9話(最終話)感想(とりあえず)


もう、なんというか。

第8話からの最終回のこのクオリティ!!

全部、全部よかった!

そして、こんな見応えのある野球ドラマって初めて見ました!!!!!
(これは企業×野球のドラマだってばw)

うーん、もう最初から涙無くしては見られませんでした。

社会人野球チームは企業あってのモノです。
それを知ってる人のココロを鷲掴みしたのは間違いありません。

まあ、細かいところはいろいろ突っ込みどころはあるかもしれませんが…

最終話でようやく一つになった青島製作所役員

「はじめてですよ、いい会社だと思えたのは」
…白水銀行の支店長の言葉でここらで涙腺がユルユルになってきました。

イツワ戦に向けての練習も、イツワ戦前日の決起大会での社長の言葉も、そして野球部の全員で社長を囲んでの社歌を歌うとか…

もうね、もうね…

録画4回見ました。
だけど、どこがどう…というシーンが全部なんですね。

どこをどう切り取っていいかも、全部切り取りたい。
全部がいいシーンすぎて。

イツワ戦前のロッカールームで監督が全員の名前を言ったところで涙腺崩壊。

それからのドラマでは最上級の野球クオリティで見せられるスピーディーな野球シーン。

それからそれから!!!

…というわけで、小出しに感想書いていけたらと思います。
まだ興奮冷めやらないので、このへんにて。


10月DVD発売やったあああ!!!

【ドラマ】ルーズヴェルト・ゲーム第4話感想


今回は野球シーン少なめだったので、(このブログでは)めずらしく企業シーンを。

この2つのシーンに集約されていました。

あなたがきらいだからです

「あなたが嫌いだからだ」

…うあああああ、いろいろ複雑な感情が入り乱れましたが、結論「言ってみたい!!!」

540度

「180度、いや540度違います!!!」

一周回ってさらに180度!
どういうことかはわからないけど、とにかく違うんだ!…的な?

あれ?諸田社長って意外と?

 

野球部シーンですが、

青島野球部01

東京ベースボール倶楽部に勝ち、日鐵麻生のデータを渡されてウキウキな野球部員。
しかし「イツワ電気」の名を聞いて表情が変わる。

 

やれるもんならやってみろ

挑発してきた如月に
「やれるもんならやってみろ」
と啖呵を切った沖原

いよいよ次週因縁のイツワ電気との対決になります。

 

今回は手に汗握るシーンが多かったのですが、ホロリとさせてくれるシーンもありました。

入来さん

サントリーBOSSの宣伝(オイ
野球引退後も野球に携わりたいとDeNAの一軍用具係として働く入来祐作さん。
このCMでいつもジーンとしちゃうんですよね。(;O;)

…あれ?
入来さんも社会人野球出身じゃないか。
ほ、本田技研!HONDA!!

【ドラマ】ビターブラッド第4話感想/原作感想


ようやく見れました。
いつも、ロンドンハーツ見てるので、ビターブラッドは録画視聴です。
でも、PCのほうに録画してなかったので、HDDプレーヤーのほうで再生。

今回は、ようやくビターブラッドらしい…というかコメディタッチの事件でした。
そういうの待ってました!
Facebookに「いいね」されたい人や、ゲーマーだったり。
やっぱりこういう路線のほうがこのドラマ的にもいいんじゃないかなと思います。

3話までは、最初だけコメディタッチで、事件はけっこう緊迫したモノばっかりで、ちょっとちぐはぐしてた感じがあったので。
うーん、逆にこういう形のほうが取っ付き易くなるんじゃないかと思います。

一方、シリアスな展開の事件もありましたが。
うーん、「なんか違う」感が満載な気がしました。
やっぱりゆる〜いほうがこのドラマには合ってる気がします。

そして、4話に繋がる事件が…。

ちょっとだけネタバレ(小ネタ)ですが。
島尾が死んだと(思われている)貝塚に「ちょっと気になりましてね…、なんかアイツが簡単に死ぬとはね…」というくだり。
いったい、貝塚がどれだけの人間か…というのが気になって仕方ないです。

視聴率見たら、ロンハーの裏でよく頑張ってるんじゃないか…と思います。

**********

原作読んで、ドラマ版は完全なるオリジナルなんだな〜と前回書きました。

雫井脩介さんの小説は初見でしたが、個人的には一気に読みました。
けっこうテンポよく読めたんだと思います。

まあ、でも刑事モノでアダ名で呼ぶとか、もはや「太陽にほえろ」とかを彷彿とさせる昭和のニオイ…的なところもありますね。(ドラマもそうですが)

個人的には原作のほうが好きかなぁ…。

もし、原作どおり貝塚の設定をドラマも持ち込んだら、このドラマまだまだイケるような気がします。
絶対ムリでしょうけどね(汗