カテゴリー: <span>WordPress・ワードプレス</span>


Twitterの醍醐味の1つとして、自サイトの更新をお知らせする自動投稿やbotを利用して遊んだりすることだと思っております(個人的感想)

さて、その自動投稿はbotを利用したりするのに必要なのが、TwitterのDeveloperになること
もともとはTwitterのDeveloperになると、どういうことが出来るのか?ということですが

たとえば、有名なツイフィールやお題ガチャ、これらもTwitterのDeveloperになると作ることが出来ます

…とはいえ、まああるみさんにはそういう技術があるわけないじゃないですか

初心も初心、まずはTwitterのDeveloperになることで自動投稿してみようかと

まずはTwitterのDeveloperになるならどうすればいいかって話です

ここからスタート!

https://developer.twitter.com/

ちなみに英語版しかありません…orz

ここにアクセスすると

こんな画面が出てきます

さて、ここから少しスクロールして


Get startedをクリック

そうするとこんな画面が出てきます
(おっと、これはすでにDeveloperになってるとすぐ管理画面に移るので、ここは違うアカウントで作ろう)
さて、それではチャレンジ!

でっきるっかな? でっきるっかな? さてさてふふ〜〜〜〜〜〜ん♪♪

Next:オレは、TwitterのDeveloperになる!その2

CMS(コンテンツマネージメントシステム) SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス) Twitter WEBコンテンツ・サーバ WordPress・ワードプレス 日々つれづれ・日記


WordPressにパスワードをかけるのに、みなさんどうされていますか?
怪しいサイトだったり、自己満足のブログだったり
ほら、見せたくないサイトってあるじゃないっすか(あるのか?)
というか、ある趣味の方以外見せられないサイトとか

そういうサイトってパスワードかけたくなるじゃないですか
え?わたしですか?
あくまでもPluginの興味からそういうことをやってみたくなりますよね(ホントか?)

というわけで、調べてみました

一番有名なのが「Password Protected」

Password Protected

ですね

手軽にパスワードがかけられる一番メジャーなPluginです
でも、ちょっと残念なのがインターフェイス

ログインページは、WordPressログインを完全にコピーします。

なんというか、味気ないというかなんというか

ということで、なんか味気ない方法はないかと考えてみたわけです

(ただし、Wordpressマークを変えるPluginがありますので、どうしてもPassword Protected」を使いたい方で味気ないなーと思っている方には
「Login Logo」というPluginがありますから、それで対応することが可能です)

さて、あるみさんが今回紹介しようと思っているPluginはこちら

WP Private Content Plus

WP Private Content Plus

基本無料ですが、無料でも個人サイトなら十分でしょう
ただし、こういう多機能のPluginはやっぱり英語オンリーなんですよね(ノД`)シクシク

今回はサイト全体にパスワードをかけるのに挑戦してみたいと思います

まず、この「WP Private Content Plus」を入手します
サイトからダウンロードして自分のWordpressにアップロードするのでもいいですし、新規追加で引っ張ってくるのでもOKです

そうすると、メニューにこのように出てきます

ここからセッティング

こういうふうにメニューが出てくるので、これをテキトーに触ります(おい
だって、いつもあるみさんはそうしています(Themeも英語ばかりだし)

この3つを設定すればいいみたいです

次に

多分、チェックを入れるといいと思います(英語翻訳するとそう書いてあるように見えます)

まあ、とりあえずこんな感じです

そうすると

とまあ、こんな感じに仕上がるわけです

画像とかは入れられませんが、ハートウォーミングなパスワード付きサイトになると思います
(どこがだ)

パスワード付きのサイトを願望している方々は多いかと思います
(ほんとかよ!)

パスワード付きの怪しいコアな人向けなどのサイト運用にいかがでしょうか??

CMS(コンテンツマネージメントシステム) MEMO Plugin・プラグイン WordPress・ワードプレス 日々つれづれ・日記 雑記


ひさしぶりにTheme更新です

今までGrapheneにしていましたが、そろそろ外観を変えようと思いましてIgniteに変更

Ignite

Graphoneについては、なんも不自由してなかったし、とにかく多機能だし、すっごく良かったんですが…

唯一不満だったことが

投稿日表記に「年」が出てこなかったんです
(永遠の初心者たるあるみさんにとってはCSSカスタマイズなんて高度な技なんて当然出来ないわけなので)

これじゃ、何年に更新したかわからない状態に…

いやあ、なんというか。
曲がりなりにもWordpressサイトにしてからかれこれ10年ほど経ちます
昔々の記事も当然検索にかかってくるわけです

そうなると、何年に記事を更新したかがわからないと検索かけてきた方に申し訳ないな〜って思った次第です

最近はめっきりWordpressやPC記事がおろそかになっておりますので、あんまり気にしなくてもよくなったんですが、やっぱり「これ参考に出来なくね?」ってなって、記事いつのだろう?って思われてもあかんかなーって

IgniteもPro版があって、いろいろと便利みたいですが、まあ個人サイトに多機能ってのはあまり求めませんからね
無料版でも十分です
更新もしっかりしてくれますし

というわけで、これから使い倒すようにいろいろと研究します

CMS(コンテンツマネージメントシステム) Theme・テーマ WordPress・ワードプレス 日々つれづれ・日記