【半沢直樹】渡真利忍の詰め合わせ1【ロスジェネの逆襲編】


半沢直樹2 ロスジェネの逆襲編

すごかったですね
なんというか、展開がジェットコースターすぎて手の汗が止まりませんでした

演技がみなさん熱くて濃くて
名言が多すぎてw

わたしは、大和田の

「死んでもいやだね〜〜〜〜〜〜〜〜」

が最高潮でしたw

そんな濃い中、癒やしを与えてくれたのが
及川光博演じる渡真利忍

えwああ、半沢直樹の奥様もそうだけど

どっから情報を引き出してくるか謎の人物
半沢直樹のためなら火中の栗を拾ってきて情報を流すのがお仕事(?)

1話の最初のほうで、すでに会食するし

真ん中にいる苅田は原作の「オレたちバブル入行組」に登場した半沢と渡真利の同期です
前作では出番を削られていたので、ここでの登場もいいじゃないですか

しかし、渡真利の情報網ってどこまで広いんでしょうか
それよりも、前作から思ったのですが、大和田に目をつけられているにもかかわらず
生き残っている事自体がすごい

そもそも、前作第1話で「人事部のオレのスパイ」とか言葉が出てくるところからすごい

居酒屋のオープンスペースで叱咤したり

本社の大階段から堂々と情報を流したり

記者会見場で連絡したり(ってか、君って融資部じゃなかったっけか?)

渡真利さん、半沢のこと好きすぎるでしょうw

コメントを残す

メールアドレスは公開されません

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください