【流行りに乗っかってみた】100均の石粉ねんどでアロマストーン(アロマボール?)【キラキラボール】


先日、ネットでいろいろ見ていたら
素焼きのキラキラボールにアロマオイルを染み込ませて香りを持ち歩く

・・・なんてオシャレなものを発見

100均の石粉粘土でアロマストーンを作るのもネットで見かけました

ん?
まてよ?100均の石粉粘土でアロマストーンが出来るなら、素焼きのキラキラボールも(素焼きじゃないけど)出来るんじゃない!?

ということで実験

材料
・石粉ねんど(今回はダイソーのもの)
・チャトンストーン(キラキラの元)今回は手元にあったものを使います

写真にはありませんが、穴をあけるドリル(持っていればピンバイス)が必要です

あれば便利なもの
・シリコンモールド(粘土の量を測る)今回は手元にあったパジコのモールドを使用
・ピンセット(なにせチャトンストーンが小さい)
・ピッカー(チャトンストーンを貼るのに使う、便利がいい)
・筆(安いものでOK、粘土ボールの表面が乾いた時に水分を足すのに使います)

dsc_0172

レッツ!工作!!

dsc_0165

粘土を少量の水で練り直します
この練る作業って意外と大事です
ひび割れを防ぐためです

今回手元にあったシリコンモールドの一番小さい円の中へ
これが10mmの大きさなので、これを2つにすると理論上10mmの玉が出来るはず

dsc_0168

丸めた粘土にチャトンストーンを埋める作業です
こうやって一回り大きい円の中で作業すると作業しやすかったです

それにしても石が小さい!!
多分、SS10ぐらいの大きさがよかったかもなあ・・・
(ちなみに、手元にあったのはSS6です。参考に)

石が貼れないぐらい表面が乾いたら、筆で少し水分を足しながら石を貼る・・・というよりは埋めていきますw

dsc_0171

こんなかんじ
まあ、慣れないのもあるかもしれませんが、とにかく不格好w

チャトンストーンは埋まったり貼るのもランダムでwww
多分石が小さいから・・・ではなく、単にわたしが不器用だからでしょうw

そして、当然乾かす時間が必要でございます

〜1日後〜

穴をあけます
穴の大きさは1mmです

dsc_0179

100均(ダイソーだけ?)に1mmのドリルが売ってありますよ。
今回は手元にあったピンバイスを使用してます

穴を開けたらTピン(今回は0.7mm×25mmを使用)を刺してみます

dsc_0181

Tピンが通るということは、これはビーズとして使えるということです。

後ろのチャトンストーンの残骸は穴を開けた際にストーンが取れたりしたもの
また、乾かしているうちに取れたものなど・・・
もちろんガラスなので洗って再利用出来ますの

実験なので、ここでアロマオイルを染み込ませてみます
うまく染み込むかな!?

dsc_0184

おー、染み込んでいきます!!

dsc_0186

左がオイルを染み込ませたボール、右が染み込ませてないボール

色が変わってるのが・・・わかりますかね(汗)
左のボールが若干オレンジがかっているんですよ

しっかり染み込んでくれます

**********

まず、石粉ねんどでアロマボールは作れます

今回の実験の感想

●石粉粘土は他にもあるので、ちょっといい粘土でも出来るかな
●チャトンストーンは少し大きいほうがいいと思う
今回はSS6(2mm)をつかいましたが小さすぎた
SS8(2.4mm)SS10(2.8mm)ぐらいがいいかな
SS12(3mm)は大きすぎるかも
●こういう作りのものなので、キラキラ石は取れやすい
取れないようにするのには埋める加減で決まる(加減がムズカシイ)
●完全に乾くまであと2日ぐらい放置しておこうと思う
完全に乾いたらアロマオイルの吸収量がもっといいかもしれない

結果!!

手間がかかりすぎます!!
売ってあるので買うに越したことはない!!

ただし、大量に作ってみるならやる価値はあるかな

疲れました\(^o^)/
でも実験出来て納得出来たので満足です〜

コメントは受け付けていません。